きもの文様をむすぶ水引の会 檜扇、月下秋野、撫子、桔梗、萩

こんにちは。和工房 包結Web担当の城下です。

 

京都はいよいよ紅葉シーズンスタート。

一年を通して観光に来られる方が多い京都ですが、

この時期はたぶん一年で一番混み合うシーズンではないでしょうか。

と思っていたのですが、ブログを書くにあたり適当な事を書いてはいけないなと思い、

京都市が公開している「2018年 京都観光総合調査」を調べてみました。

 

平成28年 月別観光客数

1位 3月 576万人

2位 1月 525万人

3位 4月 506万人

4位 11月 465万人

 

・・・というわけで、あれ?11月は4位でした。

桜の季節よりも紅葉の季節に、市バスが路線によっては異常に混み合うので

そのイメージで11月が一番多いと思っていたのですが、意外でした。

ともあれ、この時期京都に来られる方は「市バスはめちゃめちゃ混む!」を念頭に置いて来られることをおすすめします!

 

さて、

京都教室「きもの文様をむすぶ水引の会」

10月は「檜扇、月下秋野、撫子、桔梗、萩 他」でした。

 

171111-01.jpg

 

まずは「檜扇」です。

平安時代、宮中の貴人たちが必ず手に持っていた檜扇。

檜扇で顔を隠す所作がおなじみですね。

優美で高貴なイメージや、末広がりの形から、文様としても多く使われています。

 

171111-02.jpg

 

171111-03.jpg

 

桔梗です。

色の美しさから、こちらも着物や帯の文様として多く登場します。

秋の花だからこそ、夏着物や夏帯でもよく見られますね。

 

 

171111-04.jpg

 

171111-05.jpg

 

こちらは萩。

小さな花が愛らしい印象です。

「万葉集」にも多く詠まれており、秋の風景にかかせない花ですね。

 

 

171111-06.jpg

 

171111-07.jpg

 

こちらも愛らしい撫子。

園芸種の花たちも美しいですが、古くから日本に自生してきた花はまた違う魅力がありますね。

 

 

171111-08.jpg

 

撫子は初心者さんにもおすすめ。

こんなふうにぽち袋に仕上げる方もいましたよ。

 

 

171111-09.jpg

 

尾花(ススキ)です。

秋の植物といえば、一番に思い浮かべる方も多いかもしれません。

尾の部分が、シックなゴールドの水引で表現されています。

 

 

171111-10.jpg

 

171111-11.jpg

 

そして一番人気だった女郎花(おみなえし)。

私もこれを見た時は思わず「わあ」と声をあげてしまいました。

黄色がぱっと目を引いて、形もとてもかわいらしいのです。

 

171111-12.jpg

 

女郎花の小さな花が水引の結びで表現されていて、とても素敵です。

これまで数々の花を水引で結んできた森田ですが、

この女郎花の形は、何年も教室に通って下さっているようなベテラン生徒さんにも目新しかったみたいで

人気が高かったそうですよ。

 

 

171111-13.jpg

 

今回のお花達を扇状に並べてみました。

いずれも秋の七草に入っているものばかり。

真っ赤な紅葉もテンションが上がって良いものですが、

こういう素朴な花たちは何だかほっとするような秋の風景を思い起こさせます。

 

 

「きもの文様をむすぶ水引の会」

11月、12月はすでに全て満席で、キャンセル待ち受付中となっております。

 

近日中には、来年の「水引の会」のテーマも発表いたしますので、お楽しみに!

 


「きもの文様をむすぶ水引の会」

詳細・ご予約はこちらから。

和工房 包結│きもの文様をむすぶ水引の会
 


こだわりのご祝儀袋や和のしつらえ、よそおいを彩る和工房 包結の水引細工。

和工房 包結公式オンラインショップはこちらから。
和工房 包結 公式オンラインショップ
 

きもの文様をむすぶ水引の会 楽器尽くし

こんにちは。和工房 包結Web担当の城下です。

 

9月26日(火)から10月1日(日)にかけて開催した和工房 包結10周年展、

無事終了いたしました。

とてもたくさんの方にご来場いただき、中には東京から駆けつけてくださった方も!

和工房 包結の水引教室の生徒さま達や、ファンの方。

京都の中心部という場所柄、観光旅行の方、外国からのお客様も多かったです。

お世話になりました皆様、本当にありがとうございました!

 

展示風景はカメラマンさんにきっちり撮影いただきましたので、

後日こちらのページにて見ていただけるようにしたいと思っています。お楽しみに!

 

 

 

さて、10周年展が終わって息つく間もなく

先週末には京都教室「きもの文様をむすぶ水引の会」が行われたのですが、

その前に9月の「水引の会」の作品を紹介させていただきます。

モチーフは「楽器尽くし」でした。

 

171015-01.jpg

 

和楽器が勢揃い。

左から鼓(つづみ)2つ、笙(しょう)、三味線、琵琶、笛。中央は琴です。

伝統芸能や結婚式の神前式、仏前式などの機会がないと

なかなか目にすることのないものもありますね。

 

171015-04.jpg

 

江戸時代、三味線とともに、女子のたしなみとされた琴。

 

171015-05.jpg

 

笛には小さな音孔がちゃんと開けられています。

 

 

こちらは琵琶。古来、ペルシャから渡ってきたという楽器です。

胴体部分のあわび結びがきれいですね。

 

171015-03.jpg

 

三味線です。その名の通り三弦の弦楽器です。

 

171015-06.jpg

 

こちらは笙です。雅楽の中心を担う楽器ですね。

荘厳な音色は、天から差し込む光を表すといわれているそうです。

 

171015-08.jpg

 

今回一番人気だったのは鼓。

「革(叩くところ)」にあたる部分が、基本的な「梅結び」で作られているので

初心者さんはこの部分を結んで、箸置きなどにアレンジされていました。

 

171015-07.jpg

 

お好きな色で結べるところも人気の秘密です。

こちらは赤をベースにしたカラフルな鼓。

 

江戸時代以降、あこがれの象徴として王朝期の古典楽器が着物の意匠として多く取り上げられたようです。

形もユニークで、日本的なモチーフとして和のインテリアのポイントになりそうなものばかり。

芸術の秋にぴったりの会となりました!

 

「きもの文様をむすぶ水引の会」

11月、12月はすでに全て満席となっております。ありがとうございます。

キャンセル待ち受付中です!

 


「きもの文様をむすぶ水引の会」

詳細・ご予約はこちらから。

和工房 包結│きもの文様をむすぶ水引の会
 


こだわりのご祝儀袋や和のしつらえ、よそおいを彩る和工房 包結の水引細工。

和工房 包結公式オンラインショップはこちらから。
和工房 包結 公式オンラインショップ
 

【レポート】東京教室 8月 こよみをむすぶ水引の会「ひぐらしなく」

JUGEMテーマ:クラフト・手芸 色々

 

こんにちは。和工房 包結のマネージャーの平岡です。

まだまだ暑い日もありますが、ずいぶん過ごしやすくなりました。

みなさま、いかがお過ごしですか?

さて、8月27日(日)に東京教室を開催しました。

8月のテーマは「あつかぜいたる」。

精霊馬、ほおずきの中から結びたいものを選んで、作っていただきました。

 

水引で結んだものなら、毎年使えますね。

 

見本を見ながら…。

 

今回は、どれも同じくらい人気でした!

 

ほおずきの方は作りながら、かわいい!という声が何度も上がってましたよ。

 

写真も参考に手を動かします。

 

だんだん出来てきました。
 

 

そしてお楽しみの京都のお菓子は、京菓匠高野屋貞広の「京プリン」と関製菓本舗の「都うちわ(五山の送り火」。

京の夜空を彩る五山送り火も、昨年は大雨でしたが今年は無事行われたそうです!

 

4名の生徒様が結ばれたほおずきとおやつを一緒に飾ってみました。

今回のお菓子は、水引で結んでいただくものとのマッチングもバッチリでした!

次回は、9月24日(日)。テーマは、[こくものすなわちみのる]すすき、月見だんご、栗
http://mizuhiki-houyou.jp/school/
午前、午後ともキャンセル待ちとなっております。


きもの文様をむすぶ水引の会 花熨斗、束ね熨斗、熨斗蝶

こんにちは。和工房 包結Web担当の城下です。

 

9月に入り、「一体どうした!?」と言ってしまいそうなくらいアッサリと涼しくなりました。

去年は残暑が長く厳しく、9月末になっても真夏のような暑さで、

「もうすぐ10月なのに夏着物なんて・・・」と言いながら麻の着物を着ていたのを覚えています。

それが今年は、暦通りに単衣を着て出掛けられる涼しさ。

こちらの方が正しいはずなのに、なんだか拍子抜けというか、逆にちょっと怖くなってしまいます。

 

そして今月26日からは、いよいよ和工房 包結の10周年記念展が始まります!

京都市内の三会場で同時開催させていただくのですが、

明治24年創業、日本唯一の手木版和装本出版社である「芸艸堂」さん

築120年以上になる町家の画廊「堺町画廊」さん

創業130年の歴史を持つ、掛け軸の表装裂を扱われる老舗「鳥居株式会社」さん

という、長い歴史を持つ場所とのコラボレーション。

それぞれ、「水引を愉しむ」「伝統を引き継ぐ」「水引の可能性」という

三会場ごとに異なるテーマで、和工房 包結の世界を表現いたします!

現在、準備も大詰め。

和工房 包結、過去最高の展示作品数!

これまでずっと温めてきて、今回初めて展示としてお披露目するものもたくさん!

ぜひみなさま、秋の京都に足をお運びくださいね。

 

詳しくはこちらから。

 

 

さて、

京都教室「きもの文様をむすぶ水引の会」

8月は「花熨斗、束ね熨斗、熨斗蝶」がモチーフでした。

 

170908-01.jpg

 

こちらは「合蝶」に松竹梅の水引をつけた屠蘇(とそ)飾りです。

お正月に、一年の邪気を除き、無病息災、不老長寿、一家の繁栄を祈願して飲む「おとそ」。

蝶々が花の間を飛び回るようにお酒を注いで回る事から、「今日は無礼講」という意味を表すといわれています。

「合蝶」は表裏で蝶々の雌雄を表していて、「雌」「雄」どちらを表にして飾るかで、一年の願いを形にします。

「雄」を表にすれば「今年は猛々しい一年に」

「雌」を表にすれば「今年は穏やかな一年に」という意味になります。


もともと銚子には雌雄があり、飾りも対で使うものでした。

武家文化が庶民の生活へ広がっていく過程で、表裏で雌雄を表す「合蝶」に変化していったといわれています。

 

 

170908-02.jpg

 

 

こういった屠蘇器を用意しているお家は減ってきていますが、

お正月に飲むお酒やワインのボトルにこういった屠蘇飾りを飾るだけでも、新年のおめでたい雰囲気を感じられますよ。

 

 

170908-03.jpg

 

 

そして、熨斗蝶いろいろ。

 

170908-04.jpg

 

170908-05.jpg

 

伝統的な着物の柄の熨斗蝶を、森田が折方に起こしてみました。

蝶は多産である蚕の蛾を象徴するとして、子孫繁栄を祈願するモチーフでもあります。

 

 

170908-06.jpg

 

170908-07.jpg

 

こちらは「華包み」です。

草花は“陰”で「もろわな結び」、木の花は“陽”で「片わな結び」で結びます。

折方と結びのシンプルな美しさに、繊細な水引細工のお花が映えますね。

 

 

170908-08.jpg

 

170908-09.jpg

 

初心者さんには、こちらの菊のぽち袋と草花のカードをご用意しました。

10周年を迎えた和工房 包結、ベテランさんから初めてさんまでいろんな生徒さんがいらっしゃいますので

皆さんが楽しめるようにレッスンの内容を工夫しています。

 

170908-10.jpg

 

170908-11.jpg

 

カラフルな色使いが楽しい、束ね熨斗のリース。

コンパクトサイズながら、一つ飾るだけでとても華やかな雰囲気に。

こちら、近日中にオンラインショップでも販売開始です!

 

「熨斗」とは、あわびをかつらむきして薄く伸ばしたもの。

それをたくさん束ねたのが「束ね熨斗」。

多くの人達からの祝福を受け、またその幸せを周囲の人たちと分かち合うという意味があります。

そんな束ね熨斗のリース、結婚式、披露宴のウェルカムスペースなどに飾ったら素敵ですね!

 

 

170908-13.jpg

 

こちらは、おめでたい「束ね熨斗」を蝶々の形に結んだ「束ね熨斗蝶」。

 

170908-12.jpg

 

ご祝儀袋にすれば、大切な方へのお祝いにぴったりです。

こちらも近日中にオンラインショップに登場しますよ。

 

 

170908-14.jpg

 

小さな「束ね熨斗」のぽち袋も!

結婚式の際のお車代やお世話になった方への心付けにぴったり。

普段のちょっとしたお礼をお渡しするのにも、こんなぽち袋に包まれていたら嬉しいですね。

こちらも一緒に、オンラインショップに登場予定です。

 

「和工房 包結」では、毎月たくさんの新作が生み出されていますが

オンラインショップに掲載していないものも、まだまだ沢山あるのです。

ブログを見ていて、

「これ、欲しいけどオンラインショップにはないみたい。買えないのかな?」という作品がありましたら

お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

 

京都教室「きもの文様をむすぶ水引の会」

9月のテーマは「楽器尽くし」。モチーフは「鼓、笙、笛、琴、琵琶」です。

芸術の秋、日本古来の伝統的な和楽器を結んでみませんか?

残席わずかです!


「きもの文様をむすぶ水引の会」

詳細・ご予約はこちらから。

和工房 包結│きもの文様をむすぶ水引の会
 


こだわりのご祝儀袋や和のしつらえ、よそおいを彩る和工房 包結の水引細工。

和工房 包結公式オンラインショップはこちらから。
和工房 包結 公式オンラインショップ
 

【レポート】東京教室 7月 こよみをむすぶ水引の会「あつかぜいたる」

 

こんにちは。和工房 包結のマネージャーの平岡です。
ここ数日の東京は、夏が戻ってきたような暑さですが、

みなさまいかがお過ごしでしょうか?


さて、7月30日(日)に東京教室を開催しました。

7月のテーマは「あつかぜいたる」。
風鈴、金魚、粽の中から結びたいものを選んで、作っていただきました。

 

今回は、どれも同じくらい人気でした!

 

21076711_1693402747358913_844967436_n.jpg

金魚の制作中(^^♪

 

風鈴は、みなさんが選ばれる色がいろいろでした。こちらの生徒様はピンク。

 

21100567_1693402800692241_1292643153_n.jpg

ブルー系もステキです。

 

粽を作っていらっしゃいます。

 

粽ができました!!


そしてお楽しみの京都のお菓子は、三篠若狭屋の「祇園ちご餅」と甘春堂のお干菓子「金魚」。

「祇園ちご餅」は、祇園祭に伝わる銘菓です。

 


かわいい♪と写真を撮る生徒様も多かったです!

 

今回のお菓子は、水引で結んでいただくものとのマッチングもバッチリでした!

次回は、8月27日(日)。

テーマは、[ひぐらしなく]精霊馬、ほおずき
http://mizuhiki-houyou.jp/school/
午前はキャンセル待ち、午後は若干空きありとなっております。


きもの文様をむすぶ水引の会 玩具尽し(女の子)

こんにちは。和工房 包結Web担当の城下です。

 

今日8月16日、京都では「五山の送り火」が行われます。

これが終わると夏もひと段落。

とはいえ、毎年この後も長くしつこい残暑が続くのですが、それでもなんとなく夏の終わりを感じる大事な節目なのです。

 

さて、

京都教室「きもの文様をむすぶ水引の会」

7月のテーマは「玩具尽し(女の子)」モチーフは「糸車、手まり、独楽、雪うさぎ、だるま、風車」でした。

 

今回も、まずは勢揃いしたところを見ていただきましょう。

 

170816-01.jpg

 

どこか懐かしさを感じさせる、カラフルなおもちゃ達。

にぎやかな話し声が聞こえてきそうです。

 

 

170816-03.jpg

 

こちらの独楽、軸を持って実際に回すことができます!

ただしきっちり対称に結べていないと、重心がぶれてきれいに回りません。

きれいに回る独楽を結べたら、水引上級者です!

 

 

170816-04.jpg

 

こちらもくるくると回すことができる風車。

お好きな色の組み合わせを選べるので、色選びも楽しいモチーフです。

 

 

170816-02.jpg

 

ちんまりと座った丸い形が愛らしい雪うさぎ。

暑い夏に飾ると、ひんやりと涼しさを感じられて良いですね。

 

 

170816-06.jpg

 

昔は女性にとって身近な道具として、着物や帯などの意匠によく登場した糸車。

長く伸びる糸から、長寿を表すという意味もあったようです。

 

 

170816-07.jpg

 

手まりは昔の女の子にとって、最も身近な遊び道具。

浮世絵などでも、手毬をつく女の子の絵が多く描かれていますね。

 

 

170816-05.jpg

 

一番人気だったのはこちら、だるまです。

色によってそれぞれ意味が違うんですよ。

赤は「家内安全・開運吉祥」

黄色は「金運・幸運の向上」

緑は「身体健勝・才能開花」

黒は「商売繁盛・事業繁栄」

叶えたい願いで選んだり、色の好みで選んだり、いろいろな色で結んで並べてもかわいいですね。

 

 

京都教室「きもの文様をむすぶ水引の会」

9月のテーマは「楽器尽くし」。モチーフは「鼓、笙、笛、琴、琵琶」です。

芸術の秋、日本古来の伝統的な和楽器を結んでみませんか?


「きもの文様をむすぶ水引の会」

詳細・ご予約はこちらから。

和工房 包結│きもの文様をむすぶ水引の会
 

 

【和工房 包結 10周年展】

この秋、設立10周年を記念して、和工房 包結10周年展を京都市内の3会場にて同時開催いたします。
会場ごとにそれぞれ異なるテーマで、水引の魅力をお伝えしたいと思います。

 

詳しくはこちらから。

 

 

 


こだわりのご祝儀袋や和のしつらえ、よそおいを彩る和工房 包結の水引細工。

和工房 包結公式オンラインショップはこちらから。
和工房 包結 公式オンラインショップ
 

【レポート】東京教室 6月 こよみをむすぶ水引の会「うめのばきばむ」

 

こんにちは。和工房 包結のマネージャーの平岡です。

 

さて、6月25日(日)に東京教室を開催しました。

 

6月のテーマは「うめのみきばむ」。

和菓子・茅の輪の中から結びたいものを選んで、作っていただきました。

 

今回は、和菓子が圧倒的に人気でした!

 

生徒様が結ばれた和菓子三種。

 

わかりにくい工程を森田がお見せしているところ。

 

もう少しで完成しそうです。

 

別の和菓子を結ばれている様子。見本を見ながら手を動かします。

 

こちらもまた別の和菓子。見本を見ながら結んでいきます。

 

水引の本数や長さを、メモされる方も多いようです。おうちで復習できますね。

 

こちらも生徒様の作品です。かわいくできました♪

 

 

そしてお楽しみの京都のお菓子は、聖護院八ツ橋の「あゆ」。

京銘菓匠味だけの販売品で聖蹟守院八ツ橋の月替わりの限定品。

かわいくて食べるのがもったいなくなるほど。

 

透き通った感じが涼しげ。

 

ひと箱に2匹。黒あんと白あん。色も微妙に違います。

味も季節に合わせてあるのか、さっぱり目に感じます。

 

次回は、7月30日(日)。テーマは、[あつかぜいたる]風鈴、金魚、うちわ、粽。

http://mizuhiki-houyou.jp/school/

午前、午後ともキャンセル待ちとなっております。


きもの文様をむすぶ水引の会 玩具尽し(男の子)

こんにちは。和工房 包結Web担当の城下です。

 

京都は祇園祭の後祭も終わり、いよいよ酷暑の始まり……というところ。

これから来月の「五山の送り火」までの間が京都の夏の真っ盛りです。

 

京都教室「きもの文様をむすぶ水引の会」

6月のテーマは「玩具尽し(男の子)」モチーフは「犬張り子、的矢、火消しまとい、春駒、豆太鼓」でした。

 

まずは勢揃いしたところをご覧ください。

 

170725-01.jpg

 

やはり子供の玩具だからでしょうか、色とりどりでとても楽しい風景になりました!

 

ひとつずつ見ていきましょう。

 

170725-02.jpg

 

犬張り子のお供え飾り。

鏡餅のようなころんとした形のかわいらしい姿です。

敷いている葉は「ゆずりは」。

新しい芽が出てくるまで古い葉が落ちないことから、家系が絶えないようにするという意味があります。

 

170725-03.jpg

 

左にあるのは春駒。右は的矢です。

春駒は馬の形をした玩具で、男の子がまたがって遊びます。

 

170725-07.jpg

 

こちらは犬張り子と豆太鼓。

ともに初宮参りに用いられます。

起源を遡ると、平安時代までたどり着く犬張り子。

子供の健やかな成長を祈って飾られたり、現代でも目にする機会の多いモチーフですが

その理由はやはり縁起物というだけでなく、「見た目がかわいい」のが大きな理由ではないでしょうか?

ころんとした顔と体、短い手足がたまりません。

 

170725-06.jpg

 

色違いの犬張り子と的矢。

縁起の良いもの同士です。

 

170725-05.jpg

 

後ろ姿も愛らしいですね〜。

 

170725-04.jpg

 

「鯛車」と並べてみました。

鯛車は、新潟市巻地区の郷土玩具だそう。

 

 

170725-11.jpg

 

犬張り子の顔を結んで、ぽち袋にも。

 

170725-09.jpg

 

火消しまといです。

江戸時代に男の子のおもちゃとして人気があったそう。

当時の火消しは子供のあこがれの職業だったんですね。

 

170725-10.jpg

 

初めての方でも1コマで作れる、この豆太鼓が生徒さんたちに人気だったそうです。

好きな色合わせを自由に選べるところも人気のひみつ。

 

 

京都教室「きもの文様をむすぶ水引の会」

7月「玩具尽し(女の子)」は終了しまして

次回は8月、「花熨斗、束ね熨斗、熨斗蝶」を結びます。

すでにほぼ満席となっていますが、現在1席だけ残っている回もあり、またキャンセル待ちも受け付けております。


「きもの文様をむすぶ水引の会」

詳細・ご予約はこちらから。

和工房 包結│きもの文様をむすぶ水引の会


こだわりのご祝儀袋や和のしつらえ、よそおいを彩る和工房 包結の水引細工。

和工房 包結公式オンラインショップはこちらから。
和工房 包結 公式オンラインショップ
 

TAKARAZUKA SKY STAGE「夢みるチカラ」出演

73()1900〜放送 TAKARAZUKA SKY STAGE「夢みるチカラ」という番組で、

宝塚歌劇団 雪組の真那 春人(まな・はると)さんとご一緒させていただきました。

 

 

対談や、水引を体験いただいたり、いろいろお話をしながらとても楽しい撮影でした。

水引の魅力や可能性について、真那さんが素敵にコメントくださっています。感謝!

 

 

 

撮影の翌日、初の宝塚観劇に行って来ました。

想像以上に夢の世界で、数日間余韻に浸っていました。

すごい方とご一緒させていただいていたんだなと

 

実は今日も2回目の宝塚観劇に行ってきましたよ〜

宝塚、素敵です本当に。

はまってしまいそうです。。

 

 

 


【レポート】東京教室 5月 こよみをむすぶ水引の会「かわずはじめてなく」


こんにちは。和工房 包結のマネージャーの平岡です。

6月5日に森田江里子の2冊目の著作『ハレの日をむすぶ めでたづくしの水引』が発売になりました。

本屋さんでも置いていただいているようで嬉しい限りです。

見かけましたらぜひ手に取ってご覧いただけると嬉しく思います。

さて、5月28日(日)に東京教室を開催しました。

5月のテーマは「かわずはじめてなく」。
蛙・沢蟹・木いちごの中から結びたいものを選んで、作っていただきました。

 


生徒様が作られた蛙。


今回は、3つの人気が拮抗していました!

 

蛙をむすんでいます。分からないところを森田がサポートしているところ。

 


沢蟹がほとんどできました。

 

木いちご。


そしてお楽しみの京都のお菓子は、

京みやげの王道、満月の「阿闍梨餅」と涼しげな菓匠清閑院の「京てまり」。

 

見た目もカラフルで気持ちが上がります♪

次回は、6月25(日)。テーマは、[うめのみきばむ]和菓子、茅の輪。
http://mizuhiki-houyou.jp/school/
午前キャンセル待ち、午後は若干空きありとなっております。



和工房 包結

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode