ものがたりを結ぶ水引の会 モミの木

こんにちは。和工房 包結Web担当の城下です。

2016年最後のブログ更新となりました。

本年も和工房 包結をご愛顧いただきありがとうございました。

生徒様、お客様、和工房 包結の水引の世界を一緒に楽しんでくださった皆様に

和工房 包結スタッフ一同お礼を申し上げます。

来年もどうぞよろしくお願いいたします!

京都教室の「ものがたりを結ぶ水引の会」も、12月でラスト。

テーマはアンデルセン童話の「モミの木」でした。

 

161230-01.jpg

 

これ、水引なんですか〜!?という声が聞こえてきそうですね。

寄ってみましょう!

 

161230-02.jpg

 

モミの木のツンツンした葉も、ジンジャーブレッドも、

全て水引です!

 

161230-03.jpg

 

161230-04.jpg

 

オーナメントもいろいろ、もりだくさん。

スノーマンやプレゼント、サンタクロースの帽子、まつぼっくり・・・

 

161230-06.jpg

 

ヒイラギやポインセチア。ブローチに仕上げても良いですね。

こちらのポインセチアのブローチポインセチアのご祝儀袋はオンラインショップでも販売中です。

 

161230-05.jpg

 

あわび結びで結んだ、雪の結晶のようなオーナメントも。

今年5月、ケルティックノットのリサーチのためにスコットランドを訪れた森田。

ケルティックノットと水引の結びには、たくさんの共通点がありました。

日本の伝統工芸であり、「和風」の象徴のような水引結びですが

遠く離れたスコットランドにもその形が残っているのを見ると、

その造形には和・洋を超えた普遍的な美しさがあるのだなと思います。

 

和の結びの技である水引で、洋の物語を紡ぐ楽しさを味わう「ものがたりを結ぶ水引の会」を通して

水引のさらなる可能性を感じた2016年でした。

一年間お付き合いいただき、ありがとうございました!

 

そして2017年の京都教室では、がらりとイメージを変えて伝統的なモチーフを取り上げます。

「きもの文様をむすぶ水引の会」

日本にはたくさんの美しい文様が、時代を超えて伝えられてきました。

着物や帯を彩り、四季の変化や吉祥をあらわしてきた数々の文様には

長い時を超えて残ってきただけの力強い美しさがあります。

1月のテーマは「宝尽し」
モチーフは如意宝珠、宝鍵、打ち出の小槌、隠れ蓑、隠れ笠。

「宝尽し」とはその名の通り、宝物を集めたとてもおめでたい文様です。
水引の結びに新年の願いをこめて、大きな福を呼んでくれる吉祥文様を結びましょう。


詳細・ご予約はこちらから。ご予約はお早めに!




こだわりのご祝儀袋や和のしつらえ、よそおいを彩る和工房 包結の水引細工。

和工房 包結公式オンラインショップはこちらから。
和工房 包結 公式オンラインショップ
 

コメント
コメントする








   

和工房 包結

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode