きもの文様をむすぶ水引の会 宝尽し

こんにちは。和工房 包結Web担当の城下です。

 

2月に入り、底冷えが一段と厳しい京都です。

森田は年末の大忙しの時期を乗り越えて、年が明けてからも

新しいプロジェクトや出版の準備(こちらのお知らせはまた近日!)に追われているようです。

今年も一年忙しく、楽しく、水引を広めていきたいと思います!

 

さて、京都教室の2017年のテーマは「きもの文様をむすぶ水引の会」

西洋の物語をテーマにした昨年とガラリと雰囲気が変わって、

古くから日本の着物や帯を彩ってきた、四季の変化や吉祥をあらわす文様を結びます。

 

1月のテーマは「宝尽し」

モチーフは如意宝珠、宝鍵、打ち出の小槌、隠れ蓑、隠れ笠でした。

 

和工房 包結│宝尽し

 

「宝尽し」とはその名の通り、宝物を集めたとてもおめでたい文様です。

結婚式などのおめでたい席に着る着物や帯に良く見られますね。

水引で結ばれた小さな「宝物」が集まって、にぎやかでかわいらしいです。

 

和工房 包結│隠れ蓑、隠れ笠

 

こちらは一見「扇子??」と間違えそうですが、「隠れ蓑」と「隠れ笠」なんです。

付けると姿を隠す事ができるというアイテム!

 

和工房 包結│打ち出の小槌

 

こちらは「打ち出の小槌」。

「一寸法師」のお話にも出てくるので、こちらはお馴染みかもしれませんね。

一寸法師の体を大きくしたり、金銀を出したりと色々な力を持つ宝物です。

 

和工房 包結│宝鍵

 

そして「宝鍵」。蔵の鍵ですね。

この形を見ると、伏見稲荷大社の狐を思い出します。

 

和工房 包結│如意宝珠

 

ころんと丸い形がかわいらしい「如意宝珠」。

あらゆる願いを叶える宝玉です。

好きな色の組み合わせを楽しんで結べるので、初めての方にも人気でしたよ。

 

2月のテーマはひきつづき「宝尽し」。

モチーフは「巻物、軍配、丁字、宝袋、分銅、七宝」です。

季節を問わず飾れる、縁起の良いモチーフばかり。

わずかですが残席のある日もありますので、ぜひお越しください。


詳細・ご予約はこちらから。満席状況もこちらでチェックしてくださいね。




こだわりのご祝儀袋や和のしつらえ、よそおいを彩る和工房 包結の水引細工。

和工房 包結公式オンラインショップはこちらから。
和工房 包結 公式オンラインショップ
 

コメント
コメントする








   

和工房 包結

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode