にほんのならわしをむすぶ水引の会 桃の節句、雛飾り、流し雛

こんにちは。和工房 包結Web担当の城下です。

 

今年は桜がずいぶんと早いですね。

京都は現在ちょうど見頃。少し出歩くだけで、あちこちで満開の桜に出会います。

春ですね〜。

 

さて、京都教室「にほんのならわしをむすぶ水引の会」2月の教室は「桃の節句、雛飾り、流し雛」でした。

 

180331-01.jpg

 

この回のメインは何と言ってもこちら。

すべて水引で作られた、立体的な立ち雛です。

水引立ち雛は、森田がずっと以前から実現したいと考えていたもの。

松の文様があしらわれたおそろいの着物を着ています。

 

 

180331-02.jpg

 

現代の住まいでは、なかなか大きな段飾りのお雛様を飾るのは難しくなりました。

こちらの立ち雛は片手に乗るぐらいのサイズなので、お部屋や玄関などに気軽に飾ることができます。

オンラインショップでの取り扱いはこちら。 >水引 立ち雛

 

 

180331-03.jpg

 

こちらは和工房 包結長年の人気商品でもある、リースタイプのお雛様です。

左右のリースで、男雛と女雛の並びが違っているのにお気づきでしょうか?

 

 

180331-04.jpg

 

実は向かって右に男雛、左に女雛を飾るのは古来から伝わる京都風の並びです。

これは陰陽道に基づいているのですが、現代では関東を中心に多くの地域で左に男雛、右に女雛の並びが主流となっています。

 

 

 

180331-05.jpg

 

こちらは左に男雛、右に女雛です。

一般的によく目にするのはこちらの並びですね。

オンラインショップでの取り扱いはこちら。>水引の和リース 雛飾り 

 

 

180331-06.jpg

 

お雛様の原点ともいわれる、流し雛。

身の穢れを形代(かたしろ)に移し、水に流して清めます。

古くは源氏物語にも登場する行事です。

こちらは「さんたわら(桟俵)」と呼ばれる籠も、水引で結ばれてるんですよ。

 

 

180331-07.jpg

 

弥生のお供え飾り、菱餅です。雛飾りには欠かせませんね。

ピンクは桃の花、白は残雪、緑は新芽を表わしているそうです。

オンラインショップでもインテリアとして人気です。

 

 

180331-08.jpg

 

こちらも春らしさいっぱいの、桃の節句飾りです。

昨年開催された、和工房 包結 10周年展で桃の節句飾りをご覧になった方も多いと思いますが、

こちらはひとまわり小さいサイズ。

 

 

180331-09.jpg

桃の節句、雛人形と一緒に桜と橘が飾られるのは、京都御所の紫宸殿に植えられている左近の桜、右近の橘に由来します。
桜は日本を代表する花であり、おめでたい吉祥文様としても知られています。
橘もまた、子孫繁栄、長寿の象徴として古来から愛されてきた吉祥文様です。

こちらも先月からオンラインショップで取り扱いがスタートしました!

 

桃の節句は、女の子のお祭りだけあって色使いもモチーフも可愛らしいものが揃いました。

変わって4月の水引の会は男の子のお祭り、「端午の節句 鎧兜 弓矢」。

水引細工で表現された鎧兜はどんなものになるのか、楽しみです!

 

 

「にほんのならわしをむすぶ水引の会」

詳細・ご予約はこちらから。

和工房 包結│にほんのならわしをむすぶ水引の会
 


こだわりのご祝儀袋や和のしつらえ、よそおいを彩る和工房 包結の水引細工。

和工房 包結公式オンラインショップはこちらから。
和工房 包結 公式オンラインショップ
 

コメント
コメントする








   

和工房 包結

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode