【レポート】東京教室 7月 こよみをむすぶ水引の会「あつかぜいたる」

 

こんにちは。和工房 包結のマネージャーの平岡です。
ここ数日の東京は、夏が戻ってきたような暑さですが、

みなさまいかがお過ごしでしょうか?


さて、7月30日(日)に東京教室を開催しました。

7月のテーマは「あつかぜいたる」。
風鈴、金魚、粽の中から結びたいものを選んで、作っていただきました。

 

今回は、どれも同じくらい人気でした!

 

21076711_1693402747358913_844967436_n.jpg

金魚の制作中(^^♪

 

風鈴は、みなさんが選ばれる色がいろいろでした。こちらの生徒様はピンク。

 

21100567_1693402800692241_1292643153_n.jpg

ブルー系もステキです。

 

粽を作っていらっしゃいます。

 

粽ができました!!


そしてお楽しみの京都のお菓子は、三篠若狭屋の「祇園ちご餅」と甘春堂のお干菓子「金魚」。

「祇園ちご餅」は、祇園祭に伝わる銘菓です。

 


かわいい♪と写真を撮る生徒様も多かったです!

 

今回のお菓子は、水引で結んでいただくものとのマッチングもバッチリでした!

次回は、8月27日(日)。

テーマは、[ひぐらしなく]精霊馬、ほおずき
http://mizuhiki-houyou.jp/school/
午前はキャンセル待ち、午後は若干空きありとなっております。


きもの文様をむすぶ水引の会 玩具尽し(女の子)

こんにちは。和工房 包結Web担当の城下です。

 

今日8月16日、京都では「五山の送り火」が行われます。

これが終わると夏もひと段落。

とはいえ、毎年この後も長くしつこい残暑が続くのですが、それでもなんとなく夏の終わりを感じる大事な節目なのです。

 

さて、

京都教室「きもの文様をむすぶ水引の会」

7月のテーマは「玩具尽し(女の子)」モチーフは「糸車、手まり、独楽、雪うさぎ、だるま、風車」でした。

 

今回も、まずは勢揃いしたところを見ていただきましょう。

 

170816-01.jpg

 

どこか懐かしさを感じさせる、カラフルなおもちゃ達。

にぎやかな話し声が聞こえてきそうです。

 

 

170816-03.jpg

 

こちらの独楽、軸を持って実際に回すことができます!

ただしきっちり対称に結べていないと、重心がぶれてきれいに回りません。

きれいに回る独楽を結べたら、水引上級者です!

 

 

170816-04.jpg

 

こちらもくるくると回すことができる風車。

お好きな色の組み合わせを選べるので、色選びも楽しいモチーフです。

 

 

170816-02.jpg

 

ちんまりと座った丸い形が愛らしい雪うさぎ。

暑い夏に飾ると、ひんやりと涼しさを感じられて良いですね。

 

 

170816-06.jpg

 

昔は女性にとって身近な道具として、着物や帯などの意匠によく登場した糸車。

長く伸びる糸から、長寿を表すという意味もあったようです。

 

 

170816-07.jpg

 

手まりは昔の女の子にとって、最も身近な遊び道具。

浮世絵などでも、手毬をつく女の子の絵が多く描かれていますね。

 

 

170816-05.jpg

 

一番人気だったのはこちら、だるまです。

色によってそれぞれ意味が違うんですよ。

赤は「家内安全・開運吉祥」

黄色は「金運・幸運の向上」

緑は「身体健勝・才能開花」

黒は「商売繁盛・事業繁栄」

叶えたい願いで選んだり、色の好みで選んだり、いろいろな色で結んで並べてもかわいいですね。

 

 

京都教室「きもの文様をむすぶ水引の会」

9月のテーマは「楽器尽くし」。モチーフは「鼓、笙、笛、琴、琵琶」です。

芸術の秋、日本古来の伝統的な和楽器を結んでみませんか?


「きもの文様をむすぶ水引の会」

詳細・ご予約はこちらから。

和工房 包結│きもの文様をむすぶ水引の会
 

 

【和工房 包結 10周年展】

この秋、設立10周年を記念して、和工房 包結10周年展を京都市内の3会場にて同時開催いたします。
会場ごとにそれぞれ異なるテーマで、水引の魅力をお伝えしたいと思います。

 

詳しくはこちらから。

 

 

 


こだわりのご祝儀袋や和のしつらえ、よそおいを彩る和工房 包結の水引細工。

和工房 包結公式オンラインショップはこちらから。
和工房 包結 公式オンラインショップ
 

【レポート】東京教室 6月 こよみをむすぶ水引の会「うめのばきばむ」

 

こんにちは。和工房 包結のマネージャーの平岡です。

 

さて、6月25日(日)に東京教室を開催しました。

 

6月のテーマは「うめのみきばむ」。

和菓子・茅の輪の中から結びたいものを選んで、作っていただきました。

 

今回は、和菓子が圧倒的に人気でした!

 

生徒様が結ばれた和菓子三種。

 

わかりにくい工程を森田がお見せしているところ。

 

もう少しで完成しそうです。

 

別の和菓子を結ばれている様子。見本を見ながら手を動かします。

 

こちらもまた別の和菓子。見本を見ながら結んでいきます。

 

水引の本数や長さを、メモされる方も多いようです。おうちで復習できますね。

 

こちらも生徒様の作品です。かわいくできました♪

 

 

そしてお楽しみの京都のお菓子は、聖護院八ツ橋の「あゆ」。

京銘菓匠味だけの販売品で聖蹟守院八ツ橋の月替わりの限定品。

かわいくて食べるのがもったいなくなるほど。

 

透き通った感じが涼しげ。

 

ひと箱に2匹。黒あんと白あん。色も微妙に違います。

味も季節に合わせてあるのか、さっぱり目に感じます。

 

次回は、7月30日(日)。テーマは、[あつかぜいたる]風鈴、金魚、うちわ、粽。

http://mizuhiki-houyou.jp/school/

午前、午後ともキャンセル待ちとなっております。


きもの文様をむすぶ水引の会 玩具尽し(男の子)

こんにちは。和工房 包結Web担当の城下です。

 

京都は祇園祭の後祭も終わり、いよいよ酷暑の始まり……というところ。

これから来月の「五山の送り火」までの間が京都の夏の真っ盛りです。

 

京都教室「きもの文様をむすぶ水引の会」

6月のテーマは「玩具尽し(男の子)」モチーフは「犬張り子、的矢、火消しまとい、春駒、豆太鼓」でした。

 

まずは勢揃いしたところをご覧ください。

 

170725-01.jpg

 

やはり子供の玩具だからでしょうか、色とりどりでとても楽しい風景になりました!

 

ひとつずつ見ていきましょう。

 

170725-02.jpg

 

犬張り子のお供え飾り。

鏡餅のようなころんとした形のかわいらしい姿です。

敷いている葉は「ゆずりは」。

新しい芽が出てくるまで古い葉が落ちないことから、家系が絶えないようにするという意味があります。

 

170725-03.jpg

 

左にあるのは春駒。右は的矢です。

春駒は馬の形をした玩具で、男の子がまたがって遊びます。

 

170725-07.jpg

 

こちらは犬張り子と豆太鼓。

ともに初宮参りに用いられます。

起源を遡ると、平安時代までたどり着く犬張り子。

子供の健やかな成長を祈って飾られたり、現代でも目にする機会の多いモチーフですが

その理由はやはり縁起物というだけでなく、「見た目がかわいい」のが大きな理由ではないでしょうか?

ころんとした顔と体、短い手足がたまりません。

 

170725-06.jpg

 

色違いの犬張り子と的矢。

縁起の良いもの同士です。

 

170725-05.jpg

 

後ろ姿も愛らしいですね〜。

 

170725-04.jpg

 

「鯛車」と並べてみました。

鯛車は、新潟市巻地区の郷土玩具だそう。

 

 

170725-11.jpg

 

犬張り子の顔を結んで、ぽち袋にも。

 

170725-09.jpg

 

火消しまといです。

江戸時代に男の子のおもちゃとして人気があったそう。

当時の火消しは子供のあこがれの職業だったんですね。

 

170725-10.jpg

 

初めての方でも1コマで作れる、この豆太鼓が生徒さんたちに人気だったそうです。

好きな色合わせを自由に選べるところも人気のひみつ。

 

 

京都教室「きもの文様をむすぶ水引の会」

7月「玩具尽し(女の子)」は終了しまして

次回は8月、「花熨斗、束ね熨斗、熨斗蝶」を結びます。

すでにほぼ満席となっていますが、現在1席だけ残っている回もあり、またキャンセル待ちも受け付けております。


「きもの文様をむすぶ水引の会」

詳細・ご予約はこちらから。

和工房 包結│きもの文様をむすぶ水引の会


こだわりのご祝儀袋や和のしつらえ、よそおいを彩る和工房 包結の水引細工。

和工房 包結公式オンラインショップはこちらから。
和工房 包結 公式オンラインショップ
 

TAKARAZUKA SKY STAGE「夢みるチカラ」出演

73()1900〜放送 TAKARAZUKA SKY STAGE「夢みるチカラ」という番組で、

宝塚歌劇団 雪組の真那 春人(まな・はると)さんとご一緒させていただきました。

 

 

対談や、水引を体験いただいたり、いろいろお話をしながらとても楽しい撮影でした。

水引の魅力や可能性について、真那さんが素敵にコメントくださっています。感謝!

 

 

 

撮影の翌日、初の宝塚観劇に行って来ました。

想像以上に夢の世界で、数日間余韻に浸っていました。

すごい方とご一緒させていただいていたんだなと

 

実は今日も2回目の宝塚観劇に行ってきましたよ〜

宝塚、素敵です本当に。

はまってしまいそうです。。

 

 

 


【レポート】東京教室 5月 こよみをむすぶ水引の会「かわずはじめてなく」


こんにちは。和工房 包結のマネージャーの平岡です。

6月5日に森田江里子の2冊目の著作『ハレの日をむすぶ めでたづくしの水引』が発売になりました。

本屋さんでも置いていただいているようで嬉しい限りです。

見かけましたらぜひ手に取ってご覧いただけると嬉しく思います。

さて、5月28日(日)に東京教室を開催しました。

5月のテーマは「かわずはじめてなく」。
蛙・沢蟹・木いちごの中から結びたいものを選んで、作っていただきました。

 


生徒様が作られた蛙。


今回は、3つの人気が拮抗していました!

 

蛙をむすんでいます。分からないところを森田がサポートしているところ。

 


沢蟹がほとんどできました。

 

木いちご。


そしてお楽しみの京都のお菓子は、

京みやげの王道、満月の「阿闍梨餅」と涼しげな菓匠清閑院の「京てまり」。

 

見た目もカラフルで気持ちが上がります♪

次回は、6月25(日)。テーマは、[うめのみきばむ]和菓子、茅の輪。
http://mizuhiki-houyou.jp/school/
午前キャンセル待ち、午後は若干空きありとなっております。


きもの文様をむすぶ水引の会 文箱、四季草花、杜若、枝垂れ桜

こんにちは。和工房 包結Web担当の城下です。

 

梅雨に入りましたが、今のところ京都はあまり雨の降らない日が続いています。

あまりに降らないと水不足が心配になりますね。

かといっていつまでも雨が続くと、うんざりしてしまうのですが・・・。

紫陽花を眺めたり、今年の水無月はどこで買おうかなぁと考えて、季節を感じています。

 

さて、京都教室「きもの文様をむすぶ水引の会」

5月のモチーフは「文箱、四季草花、杜若、枝垂れ桜 他」でした。

 

170619-01.jpg

 

ちゃんと中に手紙を入れられる文箱(ふばこ)と、

文箱より気軽に作れる印鑑入れです。

 

170619-02.jpg

 

文箱の蓋には、吉祥文様である松竹梅の文様があしらわれています。

 

170619-03.jpg

 

小さくてもきちんと結びの美しさが楽しめる印鑑入れ。

面によって色を変えられるので、お好みのカラーリングで。

 

170619-04.jpg

 

170619-05.jpg

 

こちらは、八重枝垂れ桜と藤の花のリースです。

和のお部屋でも洋風のインテリアでも、壁にかけるだけで優雅な雰囲気を作り出してくれそう。

 

170619-08.jpg

 

初夏のさわやかな雰囲気たっぷりの杜若(かきつばた)の花。

凛とした姿が美しいですね。

 

170619-06.jpg

 

こちらは杜若、小菊、南天、牡丹をあしらったリースです。

春夏秋冬それぞれの花が集まっているので、一年中インテリアとして楽しめますよ。

 

170619-07.jpg

 

近くで見ると、レース編みのような結びの美しさに見とれてしまいます。

 

 

京都教室「きもの文様をむすぶ水引の会」

6月「玩具尽し(男の子)」は終了しまして

次回は7月、「玩具尽し(女の子)」となります。
結ぶモチーフは「糸車、手まり、独楽、雪うさぎ、だるま、風車」。

すでにほぼ満席となっていますが、まだ日によってはご予約可能です。

また、キャンセル待ちも受付中です。


「きもの文様をむすぶ水引の会」

詳細・ご予約はこちらから。

和工房 包結│きもの文様をむすぶ水引の会


こだわりのご祝儀袋や和のしつらえ、よそおいを彩る和工房 包結の水引細工。

和工房 包結公式オンラインショップはこちらから。
和工房 包結 公式オンラインショップ
 

森田江里子2冊目の著作「めでたづくしの水引」発売

こんにちは。和工房 包結Web担当の城下です。

 

本日6月5日、森田江里子2冊目の著作が発売になりました!

 

めでたづくしの水引

森田江里子 著

1,300円(税込)

ブティック社

 

お節句、七五三、成人式、結婚から長寿のお祝いまで、人生の節目のハレの日を一層思い出深い日にしてくれる水引のアクセサリーやぽち袋を紹介。
すべてプロセス解説つきで掲載。
また、日常生活の中の小さなハレにも応用できるアイデアも掲載。

 

ブティック社

Amazon

楽天ブックス

 

水引はこちらでお求めいただけますので、合わせてチェックしてみてくださいね。

和工房 包結の水引セット

 

 


【レポート】東京教室4月 こよみをむすぶ水引の会「しもやんでなえいずる」

JUGEMテーマ:クラフト・手芸 色々

 

こんにちは。和工房 包結 マネージャーの平岡です。

雨の日が続き、梅雨も近いのかなと感じる東京ですが、みなさまの地域はいかがでしょうか?

 

今日はまず、お知らせがあります。

 

森田江里子の2冊目の著作「ハレの日をむすぶめでたづくしの水引」ブティック社が、

6月5日発売予定となっております。

 

楽天ブックスさんでは、予約ができるようになっていました!

http://books.rakuten.co.jp/rb/14949706/

私も今から楽しみです♪

さて、4月23日(日)に東京教室を開催いたしました。

 

4月のテーマは「しもやんでなえいずる」。

山吹・たけのこ・蝶の中から選んで結んでいただきました。

 

見本を見ながら手を動かします。

 

たけのこを作る途中です。

 

たけのこのまとめ方を森田がお伝えしています。

 

みなさん、集中して手を動かされています。

 

京都のお菓子は、鶴屋吉信の「五月晴れ」と永楽屋のおひがし「鯉のぼり」。

両方とも鯉のぼりで揃えました!

見た目もかわいく味も甘さ控えめでおいしかったです♪

 

魚魚!

 

次回は、5月28日(日)。テーマは、[かわずはじめてなく]蛙、沢蟹、木いちご。

http://mizuhiki-houyou.jp/school/
キャンセル待ちとなっております。


きもの文様をむすぶ水引の会 家紋、幾何文様

こんにちは。和工房 包結Web担当の城下です。

 

桜もすっかり散り、うちの近所では今ハナミズキが満開です。

桜よりもはっきりとしたハナミズキのピンクは、この季節の空気感にぴったりですね。

夜はまだ暖房をつけたくなるほど冷え込む日もたまにありますが、植物の変化を目にすると季節の移ろいを感じます。

 

さて、京都教室「きもの文様をむすぶ水引の会」4月のモチーフは「家紋、幾何文様」でした。

 

家系や地位をあらわすために生まれた日本独自のシンボル、家紋。

その数は1万種類以上あるともいわれているそうです。

また、シンプルで洗練された形はグラフィックとしても魅力的。

私も家紋が大好きな一人です。

 

家紋の中には、水引の「あわび結び」がモチーフになっているものもあり

水引と家紋はとても縁が深いんですよ。

 

170501-07.jpg

 

こちらは、「梅」と「鶴」を組み合わせた「梅鶴」。

かわいいですよね〜〜!!!

今回、私の一番のお気に入りです。

 

170501-09.jpg

 

「桜」と「蝶々」を組み合わせた「桜飛び蝶」。

蝶々の羽が桜の形になっていて、こちらもとてもかわいいですね。

 

170501-06.jpg

 

「蛤」と「蝶々」を組み合わせた「蛤蝶」。

蝶々の羽がはまぐりの形になっています。

蛤は平安時代の遊び「貝合わせ」にも使われていた縁起の良い文様です。

 

170501-05.jpg

 

「子持ち藤飛び蝶」

藤の花を使った家紋は数多くあります。

こちらは蝶々と組み合わせ、さらに親子で対になっているところがおもしろい家紋です。

 

170501-08.jpg

 

和工房 包結では昔からご祝儀袋で根強い人気のある「菊鶴」。

菊の花と鶴を組み合わせた家紋です。

今回はこんなレインボーカラーの菊鶴が登場しました。

 

170501-04.jpg

 

膨大な数の家紋の中でも、メジャーなものを集めてみました。

上段、左から右に「木瓜紋」「丸に違い鷹の羽紋」「梅紋」

下段、左から右に「柏紋」「光琳鶴の丸」「五三桐」となります。

「うちの家紋」はあったでしょうか?

 

170501-03.jpg

 

「幾何文様」として、あわび結びを繋げて結んで作るコースター。

和工房 包結オンラインショップでも人気者です。

 

>コースター 六角(シャーベットブルー)

 

170501-01.jpg

 

あわび結びを繋げて結んで作る、ペットボトルホルダーもご紹介しました。

 

170501-02.jpg

 

これなら、着物姿でペットボトルから水やお茶を飲んでも、ちぐはぐ感を和らげてくれるかも。

こちらはペットボトル用のサイズになっていますが、ワインバッグはオンラインショップで購入可能です。

 

>水引ワインバッグ(白)

 

京都教室「きもの文様をむすぶ水引の会」

次回、5月のテーマは「文箱、四季草花、杜若、枝垂れ桜 他」となっています。

残念ながらすでにほぼ満席となっていますが、まだ1席だけ残っている回もありますよ。

また、キャンセル待ちも受付中です。


「きもの文様をむすぶ水引の会」

詳細・ご予約はこちらから。

和工房 包結│きもの文様をむすぶ水引の会


こだわりのご祝儀袋や和のしつらえ、よそおいを彩る和工房 包結の水引細工。

和工房 包結公式オンラインショップはこちらから。
和工房 包結 公式オンラインショップ
 


和工房 包結

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode