【レポート】東京教室4月 めでたものを結ぶ水引の会 四君子

和工房 包結 マネージャーの平岡です。

GWも終わり、一気に季節が初夏のようですね。
和工房 包結も英語ページがオープンし、季節の変わり目にまた一つ前進いたしました。

さて、GW直前の4月24日(日)は東京教室の日でした。
この日は窓から陽射しも差し込み、あたたかく作業もしやすい1日でした♪

今回のモチーフは、四君子。
「蘭・竹・菊・梅」の4種の草木から成り、それぞれ「春・夏・秋・冬」を表します。
四季を通して縁起の良い図柄として着物や帯などに使われてきました。

4種すべて使ったリースにするとこんな感じ。教室の白い壁に掛けてみました。ステキですね♡


作業の様子です。時々おしゃべりしながら、でも手は常に動かして、どんどん形にされていましたよ!


お茶菓子は、仙太郎の一枚笹ちまき。葉っぱの香りが爽やかで、大変美味しかったです♪


次回の東京教室は、5月29日(日)開催。
テーマは宝船です。御利益がありそうですね。
午後の部は、まだ若干お席がございます。ご興味のある方、ぜひ参加されませんか?
初めての方でも丁寧に作り方をお伝えしますので、ご安心ください。お待ちしております。
http://mizuhiki-houyou.jp/school/index.html

ものがたりを結ぶ水引の会 おやゆび姫 4月

こんにちは。和工房 包結Web担当の城下です。

今年のゴールデンウィークはどんな風に過ごされたでしょうか?
和工房 包結は、森田のイギリス研修のためオンラインショップをお休みさせていただいておりました。
研修の目的は、かねてから興味を抱いていた、水引の結びとケルティックノットの関係を探ること。
スコットランドのNational Museum of Scotlandにて開催中だった「Celts」にて大いに刺激を受け、
ケルト模様の書籍を大人買いしたとか。
研究の成果は今後の和工房 包結の新作デザインに生かされていく事と思います。

また、和工房 包結について英語で紹介するページ「About Wakobo Hoyou」もでき
英語でのお問い合わせ対応の体勢も整ってまいりました。
海外からも熱い視線を注がれる京都から、世界に向けて伝統工芸である水引の結びを発信していきます!

さて、「ものがたりを結ぶ水引の会」4月のテーマは、3月に引き続き「おやゆび姫」後半でした。
おやゆび姫、ツバメ、そしてシークレットモチーフ(!?)として、花の妖精の王子様。

和工房 包結│おやゆび姫

おやゆび姫、モグラと結婚させられそうになった所をツバメに助けられ、
花の国へやってきました。

和工房 包結│おやゆび姫


和工房 包結│おやゆび姫

そこで出会ったのが花の妖精の王子様。

和工房 包結│おやゆび姫

おやゆび姫は花の妖精の王子様と結婚し、幸せに暮らしました。
めでたしめでたし。

「ものがたりを結ぶ水引の会」では、告知していない「シークレット」なモチーフが登場する事があります。
4月は花の妖精の王子様がそれだったのですが、どうやら一番人気だったよう。
おやゆび姫と並んだところが可愛らしいですね。

次回、5月のテーマはグリム童話の「赤ずきん」です。
真っ赤なケープをかぶった可愛い赤ずきんちゃん、どうぞお楽しみに。


詳細・ご予約はこちらから。ご予約はお早めに!
和工房 包結│ものがたりをむすぶ水引の会


こだわりのご祝儀袋や和のしつらえ、よそおいを彩る和工房 包結の水引細工。
和工房 包結公式オンラインショップはこちらから。
和工房 包結 公式オンラインショップ

【レポート】東京教室3月 めでたものをむすぶ水引の会 亀

こんにちは。和工房 包結 マネージャーの平岡です。

3月27日(日)は東京教室の日でした。
月に一度の東京でのレッスン。楽しみに毎回いらしてくださる生徒様も、増えてきました♬
うれしいですね。

さて、今回のモチーフは亀。
親子亀さんや、卵から生まれた赤ちゃん亀さんなど、
みなさんお好みのものを作っていらっしゃいました。



今回は少し難易度が高かったのか、おしゃべりもそこそこに作業に集中している方が
多かったです♪



ホッと一息のティータイム。
おやつは森田が京都から買ってきた、桜のマカロン。
手と頭を動かしてぼーっとした頭にちょうどよい甘さでした♡



東京の教室、次回は4月24日(日)。
若干お席に余裕があるようですので、ご興味のある方は、
お早目にご予約ください♪
http://mizuhiki-houyou.jp/school/index.html 
 

ものがたりを結ぶ水引の会 おやゆび姫 3月

こんにちは。和工房 包結Web担当の城下です。

夜になるとまだまだ冷えますが、日中の陽射しは暖かさを感じます。
桜もぽつぽつと咲き始めているよう。
春はもうすぐそこですね。

3月のテーマはアンデルセン童話の「おやゆび姫」。
モチーフはチューリップ・おやゆび姫でした。

和工房 包結│おやゆび姫

チューリップから生まれたおやゆび姫。

和工房 包結│おやゆび姫

ヒキガエルに誘拐されたり、蝶々に助けられたりと
波瀾万丈の人生を送るストーリー。

和工房 包結│チューリップ

最後には花の妖精の王子様と結婚してめでたしめでたし。
ですが、最初に育てられた人間の母親の元には帰らないという…
そもそも、子供が欲しくて仕方がなかった女性が
魔法使いに頼んで授けてもらった女の子だったはずなのですが
このエンディングでは母親には救いがないですよね〜という話に。
昔の物語には、現代の感覚では「それってめでたしめでたし!?」という物も多いですね。

和工房 包結│チューリップ

チューリップや蝶々も人気でしたよ!
組み合わせるととても華やか。
生徒さん方にも春を感じていただけたのではないでしょうか?

4月もひきつづき「おやゆび姫」をテーマに、
その他の登場キャラクターであるツバメや虫たちを結びます。
おやゆび姫も引き続き結んでいただけますよ。


詳細・ご予約はこちらから。ご予約はお早めに!
和工房 包結│ものがたりをむすぶ水引の会


こだわりのご祝儀袋や和のしつらえ、よそおいを彩る和工房 包結の水引細工。
和工房 包結公式オンラインショップはこちらから。
和工房 包結 公式オンラインショップ

【レポート】東京教室2月 めでたものをむすぶ水引の会 鶴

こんにちは。和工房 包結 マネージャーの平岡です。

2月29日は、東京教室の日でした。
今回のモチーフは鶴。3種類のデザインから選んで結んでいただきました。
ご祝儀袋につけたり、箸置きにしたりとアレンジもさまざまで、選択肢が多い分
迷われた方が多かったようです。
贅沢な悩みですね!?

和工房 包結│めでたものをむすぶ水引の会 鶴

水引を結んだだあとのお茶タイム。
2月のお菓子は京菓匠 甘春堂さんの「貝合わせ」。
女の子の幸せを祈るお雛祭りのお菓子です。
はまぐりはその一組以外二つと合う貝がないことから
夫婦の深い縁にたとえられているそう♡

和工房 包結│水引の会

今回もはじめて参加される方が何名かいらっしゃいましたが、
基本的なむすびで作っていきますので、
ちゃんと作品が完成し、楽しんでいただけたようです。
忘れない内に、家に帰ったらすぐ作ってみます、なんとおっしゃっていました。
うれしいですね!

和工房 包結│水引の会

4月からいよいよ、名古屋での教室も始まります。 
3月には体験教室もありますので、ぜひ気になる方はお早めにお申し込みください♪ 
http://mizuhiki-houyou.jp/school/index.html 
 

ものがたりを結ぶ水引の会 ヘンゼルとグレーテル 2月

こんにちは。和工房 包結Web担当の城下です。

先日、京都教室の「ものがたりを結ぶ水引の会」へ、
webサイト用の撮影のためお邪魔させていただきました。
撮影日、2月のテーマは、先月に引き続き「ヘンゼルとグレーテル」。
モチーフはおかしのいえ・宝石・たからものでした。

会場の「瑠万 Ruban」さんは本当に素敵な京町屋。
お店の奥の座敷のお部屋で、皆さんとても楽しそうに水引を結んでいらっしゃいましたよ!

和工房 包結

お部屋の廊下から撮影しました。
皆さん和気あいあいとしながらも真剣です。

和工房 包結│ヘンゼルとグレーテル 宝石とたからもの

金、銀の水引を使い、繊細な結びの技で作られた水引細工のティアラ。
スワロフスキーがキラキラと光ってとてもきれい。

和工房 包結│ヘンゼルとグレーテル 宝石とたからもの

宝箱ももちろん水引細工です。


和工房 包結│水引の会

和工房 包結│水引の会

あちこちから「先生〜」と声がかかり、大忙しの森田。
分からないところはどんどん質問したり、生徒さん同士で教え合ったりして
着々と作品を仕上げていかれる生徒さん達。

和工房 包結│水引の会

先月に引き続き、「おかしのいえ」にチャレンジされる方もいましたよ。
完成おめでとうございます!

今年の水引の会は、西洋の物語という今までに無いテーマなので
「どんな風に水引で表現されているんだろう?」と楽しみにして来られる生徒さんも多いそう。
「期待以上だった!」という声をいただけたようですよ。

3月のテーマは「おやゆび姫」。
チューリップ、ツバメなど、春にぴったりのモチーフがたくさん出てくる物語です。
次回もお楽しみにお越しください。
詳細・ご予約はこちらから。ご予約はお早めに!
和工房 包結│ものがたりをむすぶ水引の会
こだわりのご祝儀袋や和のしつらえ、よそおいを彩る和工房 包結の水引細工。
和工房 包結公式オンラインショップはこちらから。
和工房 包結 公式オンラインショップ

【レポート】東京教室 1月 めでたものをむすぶ水引の会 宝珠・巾着

こんにちは。和工房 包結 マネージャーの平岡です。

1月31日は、今年から毎月開催になった東京教室の日でした。
今年は「めでたものをむすぶ水引の会」として鶴や松など和のめでたいものを結んでいきます。



1月のテーマは、宝珠または巾着。
どちらかを選び結んでいただきましたが、
午前、午後とも、ベテランの方は宝珠、初心者の方は巾着にされる方が多かったです。



お互い教えあったり、おしゃべりしたりしながら、和やかな時間が過ぎていきましたよ。


一本の水引が立体的な形になっていく様子を見るのは、初めての方でも楽しかったみたいです!



和工房 包結の水引教室では、作るものだけでなく、水引も選んでいただけます。
森田江里子がモチーフに合わせ素材や色合いを厳選して持ってきておりますので、
どれで作っていただいても出来上がりがかわいくなります!

同じものでも、色合いや大きさ、何本取りで作るかで、全く違う感じになるんです。
ぜひ、みなさん、ご自宅でも作ってみてくださいね。

4月からいよいよ、名古屋での教室も始まります。
3月には体験教室もありますので、ぜひ気になる方はお早めにお申し込みください♪
http://mizuhiki-houyou.jp/school/index.html
 

ものがたりを結ぶ水引の会 ヘンゼルとグレーテル 1月

こんにちは。和工房 包結Web担当の城下です。

もう1月も終わりに近付いていますが、2016年一発目のブログ更新ですので…
明けましておめでとうございます。今年も和工房 包結をよろしくお願いいたします。
 

毎月決まったテーマで水引作品を結んでいただく「水引の会」。
今年は「ものがたりを結ぶ水引の会」として、
グリム童話とアンデルセン童話から選んだモチーフを結んでいきます。

1月のテーマはグリム童話の「ヘンゼルとグレーテル」。
中世ヨーロッパの飢饉を背景にした、ちょっと怖い物語ですが
最も印象深いのは、ヘンゼルとグレーテルが森の中で見つけた、夢のようなおかしのいえですね。
 

和工房 包結│ヘンゼルとグレーテル

色とりどりのケーキやタルト、おかしのいえが並びました。


和工房 包結│いちごのショートケーキ

一番人気だったという、いちごのショートケーキ。
ふわふわのスポンジやクリーム、真っ赤ないちごがおいしそうです!

和工房 包結│チョコレートケーキ

チョコレートケーキの上にはベリーがのっていますね。

和工房 包結│モンブラン

モンブランもかわいいです。

和工房 包結│ベリーのタルト

色鮮やかなベリーのタルト。

和工房 包結│マカロンとチョコレート

小さなマカロンは、オンラインショップでも人気です。


和工房 包結│ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家

これはちょっと難易度の高い、おかしのいえ!
ベテランさんが数人チャレンジされたそうですよ。

水引という和の素材を使い、日本古来から伝わってきた「結び」の技で
遠い西洋のものがたりを紡ぐ今年の水引の会。
水引の世界がさらに広がっていきそうな、わくわくする1年のスタートです。

次回、2月もひきつづき「ヘンゼルとグレーテル」がテーマ。
今度はものがたりの後半、ヘンゼルとグレーテルが魔女の家から持ち帰った
宝石・たからものを結びます。
勇敢な子供たちと一緒に、ものがたりのハッピーエンドを迎えましょう!
 
詳細・ご予約はこちらから。ご予約はお早めに!
ものがたりをむすぶ水引の会│和工房 包結


こだわりのご祝儀袋や和のしつらえ、よそおいを彩る和工房 包結の水引細工。
和工房 包結公式オンラインショップはこちらから。
和工房 包結 公式オンラインショップ

こよみを結ぶ水引の会 二巡目 そらさむくふゆとなる

こんにちは。和工房 包結Web担当の城下です。
 
暮れも押し迫り、いよいよ寒さが厳しくなってきました。
このブログで以前にも書きましたが、「夏暑い、冬寒い」といわれる京都。
まだまだ冬の底冷えはこんなものじゃないというのを毎年経験してますので、
今の時点で「寒い寒い」と言っていてはいけないなぁと思いつつ
やはり人と会うたび「寒いですねぇ」と挨拶してしまいます。

12月の「こよみを結ぶ水引の会 二巡目」のテーマは「そらさむくふゆとなる」。
モチーフは南天、門松、鏡餅でした。

南天│和工房 包結

赤い真ん丸の実がかわいらしい、南天。
色合いからクリスマスカラーにも見立てられ、この季節にぴったりのモチーフです。
枝に仕上げてお部屋に飾ったり、小さく作ってぽち袋の飾りにしたり。


南天のリース│和工房 包結

稲穂と組み合せ、紅白の水引を丸くねじり結んで、和風リースに。
和室にはもちろん、洋室にも飾れるお正月飾りになります。
一年の節目になる年末年始。しつらえに和を取り入れて日本を感じたいですね。


鏡餅│和工房 包結

オンラインショップでも大人気の鏡餅は、教室でも注目を集めていました。
やはり日本のお正月といえばこれ、という明快さが人気のヒミツかもしれません。
小さな三宝に乗せると、手の平サイズでも「きちんと」感が演出できますね。


門松│和工房 包結

そして今回の一番人気は、門松でした!
なかなか、一般的なお家では飾る機会の少なくなった門松ですが、
水引細工の手頃なサイズなら取り入れやすく、お正月らしさもいっぱい。

門松│和工房 包結

こちらのタイプも「葉牡丹がかわいい!」と大人気でした。
おめでたいお正月飾りでも、色味を抑えてギラギラさせず
シンプル、モダンなお家にもしっくり馴染むのが和工房 包結のデザインの特徴です。

1年間皆さんと楽しんできた「こよみを結ぶ水引の会 二巡目」もこれで終わり。
来る2016年の京都の水引の会のテーマは「ものがたりを結ぶ水引の会」
グリム童話とアンデルセン童話からモチーフを選びました!
和の結びの技である水引で、洋の物語を紡ぐ。
すてきなコラボレーションが生まれる一年になりそうです。

お教室の場所は、京都市役所からほど近い「瑠万 Ruban」さんです。
詳細・ご予約はこちらから。ご予約はお早めに!
ものがたりをむすぶ水引の会│和工房 包結


こだわりのご祝儀袋や和のしつらえ、よそおいを彩る和工房 包結の水引細工。
和工房 包結公式オンラインショップはこちらから。
和工房 包結 公式オンラインショップ

こよみを結ぶ水引の会 二巡目 もみじつたきばむ

こんにちは。和工房 包結Web担当の城下です。
 
京都は今、紅葉シーズンの真っ最中です。
市バスや地下鉄などに紅葉狩りに来られた方々で超満員になっているのを見て、
今年もそんな季節かぁとしみじみしています。
お山の方にのんびり紅葉を見に出掛けたいけど、
今年はどうやら行けずに紅葉シーズンが終わりそう……。
せめてお家の中のしつらえだけでも秋らしく、季節を感じたいものです。

11月の「こよみを結ぶ水引の会 二巡目」のテーマは「もみじつたきばむ」。
モチーフは吹き寄せ、酉の市、熊手でした。

吹き寄せ│和工房 包結

落ち葉や木の実などが、風で吹き寄せられた様子に見立てて
和菓子や日本料理のモチーフになる事も多い、吹き寄せ。
もみじやいちょう、どんぐり、松葉などに、しめじもちょこんと混じっています。
このしめじが作りたい!という生徒さんもいらっしゃったそうですよ。


酉の市の熊手│和工房 包結

酉の市の熊手は、愛嬌たっぷりのお多福がポイントです。
江戸時代から続く酉の市、関東に比べると京都ではなじみが薄いのですが
現在は大阪府堺市の大鳥大社でも酉の市が行われていたりと、
関西でも知られるようになってきました。
気軽に飾れるサイズの水引細工の熊手は、生徒さんにも大人気。


酉の市の熊手│和工房 包結

こちらの縁起物てんこもりの熊手が、今回の一番人気でした!
一回の受講では完成させられないボリュームだったのですが、
これを作りたくて急遽、二講座を受講された方も。
見た目も華やかで、おめでたい気分が盛り上がりますね。

次回、12月の水引の会のテーマは「そらさむくふゆとなる」
南天、門松、鏡餅の3つからお選びいただきます。
いずれもお正月に欠かせない、人気のモチーフです。
あたたかいお部屋で、年末年始へ向かう気分を盛り上げるモチーフを結んでみませんか?
 
詳細・ご予約はこちらから。ご予約はお早めに!
こよみを結ぶ水引の会


こだわりのご祝儀袋や和のしつらえ、よそおいを彩る和工房 包結の水引細工。
和工房 包結公式オンラインショップはこちらから。
和工房 包結 公式オンラインショップ


和工房 包結

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode